知っておくべき1000万の複利運用術とは?

複利運用

1000万円を10年間、複利で運用したらどれくらいになるのかな?

1000万円は資産運用にピッタリな資金額だと言われており、様々な金融商品に分散して長期的にリスクを抑えた運用が可能です。

さらに、まとまった元手に複利運用を合わせることにより、雪だるま式に資産を増やしていくことが可能。

資産運用のスピードを一気加速させることが出来ます。

そこで今回は、1000万円クラスの資産運用を行うなら是非活用したい以下複利運用のノウハウ

  • 1000万円を10年間複利で運用した場合に期待できる利益
  • 複利投資で成功するためのポイント
  • おすすめの複利運用シュミレーター

について、まとめて紹介していこうと思います。

複利運用をしっかり覚え、資産運用に取り入れることで、効率的に資産を増やして行くことが出来るでしょう。

10年間の複利運用

複利運用とは、利子にもまた利子がつくことを指します。

具体的には、1000万円を投資して1年後に100万円増えた場合、その100万円を再投資し1100万円で投資を続けます。

これが、複利運用の考え方です。

反対に単利運用の場合は、1000万円を投資して得た100万円の利益は利益として別に置いておき、当初の投資額1000万円で投資を続ける方法です。

投資においては、元本が大きければ大きいほど利益率が高くなることを考えると、複利投資は単利投資よりも投資効率が良いと言えそうですね。

さて、前置きが長くなりましたが、ここで複利効果の大きさを実感するために、まずは1000万円の資産を5%の利回りで10年間複利運用を行うと1000万円という資産がどれくらいになるのかを見ていきます。

単利と複利で発生する利息の差(運用期間10年)

5%
複利運用 628万円
単利運用 500万円

いかがでしょうか?同じ利回り5%の金融商品で10年間で資産運用をした場合、複利運用と単利運用では約128万円ほどの差が生じる計算に。

複利運用は、投資の利益を受取らずに「再投資」にするだけと誰でも簡単に行なうことができます。

投資で得た利益を使ってしまいたい、その気持ちを抑えるだけでこんなに効率的に資産を増やせるのであれば、これは取り組まないわけにはいきませんよね。

複利運用に特に向いている人

さてここまでの内容で、資産運用において複利運用を活用すれば誰でも資産を効率的にまわしていけることがわかりました。

しかし、そんな誰でも取り組める複利運用にも特に向いている人というのがいらっしゃいます。

複利運用に向いている人とはどんな人なのか、気になりますよね。

複利運用に向いている人とはどんな人なのかは、以下の表(1000万円の元手を1%、3%、5%の利回りで10年間複利運用をした場合に築ける資産額)から読み取ることが出来ます。

1000万円の元手で10年間複利運用をした場合(年利1%、3%、5%)

年数 1% 3% 5%
1年 10,100,000円 10,300,000円 10,500,000円
2年 10,201,000円 10,609,000円 11,025,000円
3年 10,303,010円 10,927,270円 11,576,250円
4年 10,406,040円 11,255,088円 12,155,063円
5年 10,510,101円 11,592,741円 12,762,816円
6年 10,615,202円 11,940,523円 13,400,956円
7年 10,721,354円 12,298,739円 14,071,004円
8年 10,828,567円 12,667,701円 14,774,554円
9年 10,936,853円 13,047,732円 15,513,282円
10年 11,046,221円 13,439,164円 16,288,946円

いかがでしょうか?元本1000万円を年利1%で複利運用すると、10年後には104万円の利息が付きます。

元本1000万円を3%で複利運用すると10年で343万円、5%では628万円もの利息を得ることができる計算に。

上記の表を見て分かる通り、複利運用の効果は、長期間、高金利な運用方法で運用を行えば行うほど大きな効果を実感することが出来ます。

よって、ご自身の資産を特に長期的に高金利な運用方法で運用していきたいとお考えの方は、是非複利運用を活用しその効果を最大限に実感出来ると良いですね。

さてここまでの説明で複利投資の大きさと、複利投資に向いている人については理解できたと思います。

しかし、複利投資で資金を運用するだけで必ずしも投資が上手くいくというわけではありません。

複利投資で成功するためには、他にもいくつかポイントがあります。次は、複利投資で成功するためのポイントについて説明していきます。

投資で成功するためのポイント

ここでは、複利投資で成功するたポイントを以下2つ説明していきます。

1000万円というまとまった資産の運用時はもちろん、運用金額に限らず常に心に留めておけると良いでしょう。

  1. 短期で考えず長期的な利益を考える
  2. 分散投資を心掛ける

早速、1つずつ紹介していきます。

1、短期で考えず長期的な利益を考える

先述したとおり、複利投資においては短期売買よりも長期保有を行うことで、結果的に大きな資産を築くことに成功しやすいです。

また、複利投資での投資効率の話とは別に、特に投資初心者には短期投資よりもリスクコントロールがしやすい点でも長期投資はおすすめ。

短期的に資産を増やそうと思えば、数日~数週間で価値が倍になったりと激しい値動きを見せる金融商品へ投資を行うことになります。

予想が当たれば大きな利益を得られる可能性がある一方、予想が外れた時に生じる損失はかなりのものに。

また、短期投資は頻繁な売買で手数料を多くとられるばかりか、値動きに一喜一憂してしまうことで精神的な負担も大きくなってしまいます。

そのため特に投資初心者の方は、まずは長期間にローリスク・ローリターンで複利運用できる金融商品がおすすめです。

具体的には、長期的に金融のプロが投資者の代わりに複利投資を行ってくれるヘッジファンドなどが考えられます。

プロにお任せできる運用方法であれば、ご自身で解約するまでは金融のプロが上手に複利運用を続けてくれます。

また、ご自身での運用を行わないことで「得た利益を途中で使ってしまいたい」という気持ちに負けにくい環境を作り出すことができ、精神的にも落ち着いた運用を行うことが出来るでしょう。

さて、そんな長期目線とともにもう一つだけ複利投資のポイントを挙げるのであれば「分散投資」です。

2、分散投資を心掛ける

投資で成功するためには、運用のリスクを減らすことが大切。

「分散投資」は運用のリスクをコントロールする方法の1つです。分散投資とは、資金を様々な方法で分散し投資をすることで値下がりリスクを減らす方法となります。

分散投資
参照:SBI証券

分散投資の種類は、金融商品の分散や投資先国の分散、通貨の分散や時間の分散など様々。

資産の分散割合を考える際には、分散させる金融商品の値動きが似ていないかどうかを確認することが大事です。

同じ値動きをする商品の場合、同時に値下がりを起こしてしまう可能性もあります。

そのため、株式や債券のように反対の値動きをする商品で分散させると高い分散投資効果を得られます。

代表的な投資先の分散方法

金融商品の分散 株式や債券など金融商品を分散させる方法
投資先の地域の分散 投資先の国や地域を分散させる方法
通貨の分散 複数の通貨に分けて資産を保有する方法
投資時期の分散 購入時期を分散させリスクを減らす方法

1000万円などのまとまった資金の運用の場合は、特に投資時期や投資対象を分散させリスクを減らすことが大切です。

上記、長期投資、分散投資については運用資産のボリュームを問わず、投資の基本となる考え方となります。

無理のない投資を行うためにも、常に心に留めておけるとよいですね。

計算が面倒な方におすすめの「複利運用シュミレーター」

さて、ここまでの説明で、1000万円を複利投資で最大限効率よく運用する方法について紹介してきました。

これから複利運用で投資計画を立てたいとお考えの方は、自分で計算するよりも「複利運用シュミレーター」を利用すると時間や手間がかかりません。

運用利回りや運用年数と言った基本事項を入力するだけで、ご自身が未来に築ける資産額を簡単に把握することが出来ます。

そこで続いて筆者おすすめの、複利運用シュミレーターをご紹介していきます。

Keisan

keisan

カシオ計算機が提供しているKeisanは生活に役立つ計算から、専門的な計算、グラフやフリー計算など幅広い計算が無料でできるサイトです。

その中でもお金の計算カテゴリーの中にある、複利計算(元利合計)は資産運用の資産をする際に大変役立ちます。

年利、積み立て年数などの数字を入力するだけで、資産運用により将来築ける可能性のある資産額を知ることができます。

また、keisanでは複利計算の他にも積立計算(複利毎課税)や積立計算ボーナス併用(複利毎課税)など税金やボーナスを併用した計算も可能。

1000万円の資産運用を始める際には是非チェックしておきたいところです。

>>Keisan

最後にまとめです。

まとめ

ここまで、1000万円を10年間複利で運用したケースの実際の利益や複利シュミレーターについて紹介してきました。いかがでしたでしょうか?

1000万も投資すれば、運用方法によってはまとまった利益が得られることも予想されます。

運用で得た利益はお小遣いのようにすぐに使ってしまいたくなるお気持ちはわかりますが、出た利益を再度投資することで資産運用の効率、目標達成へのスピードは加速していきます。

複利運用をしっかり覚えて、効率的に資産を増やしていけると良いですね。

上記でも説明したとおり、手間を掛けずに複利運用を行う方法としては、投資のプロに複利運用をお任せできるヘッジファンドがおすすめ。

以下ページでは筆者が実際にヘッジファンドで資産運用を行っている、運用ポートフォリオから運用成績までをまとめて紹介しています。

ヘッジファンドでの複利運用をお考えの方は、実際の運用の参考に是非どうぞ。

>>筆者の運用ポートフォリオ、投資成績をみる

また、複利運用と言っても運用方法は様々。以下1000万円の運用方法についてまとめた記事も合わせて是非ご活用ください。

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう