1000万円をどう運用するべきか?

1000万円運用方法

続く不況により、銀行の金利は限りなくゼロに近づいています。

そんなことから、現在の超低金利時代には、銀行にお金を預けても資産は増えないので自分で資産運用に取り組んだ方が良いと言われておりますが、資産運用といっても幅広いです。色々な資産運用がある以上、資産運用に取り組むのでしたら利用する商品は厳選したいところ。あれこれ多くの運用手法で攻めたからと言って、資産運用で簡単に勝てるというわけではありません。

そもそもの話になりますが、日本は欧米に比べると質の高い金融情報がなかなか流れません。その中でおすすめの資産運用を探すことは非常に困難だといえるでしょう。

こちらのページでは本サイトに初めてお越しいただいたあなたの為に、1000万円を資産運用に回す際に是非とも参考にしたい記事をまとめました。

資産運用先には何があるのか?

1000万円を資産運用するといっても色々なやり方があります。どのやり方を選ぶかで資産運用の結果が大きく変わってくるので、様々な情報を比較してあなたにピッタリな資産運用を見つけることをおすすめします。

そこで、まずここでは「資産運用の世界において代表的な手法」についてまとめてみました。

資産運用の代表的手法

  • 株式投資
  • INDEX投資
  • 不動産投資
  • 債券投資
  • 貸付信託
  • REIT
  • ヘッジファンド

 

いかがでしょうか?ちなみに、この中で1000万円という高額資産の運用先として当サイトがおすすめしたいのはヘッジファンドです。ヘッジファンドとは投資資金を預けるだけで、その後は熟練した投資のプロに運用をお任せできる投資方法です。

投資初心者の方でもヘッジファンドに1000万円の資産運用を任せれば、プロの手腕でリスクを抑えながらも3年で資産を倍に増やせる可能性があります。

ヘッジファンドの選び方のポイント

先述したように、ヘッジファンドとは資産運用代行会社のことで、1000万円以上のまとまった資産をヘッジファンドへ預けるだけで、投資のプロが多種多様な運用手法で運用、とことん利益を追求してもらえます。

ヘッジファンドは投資先ファンドを選び、預けてしまえばその後の運用はお任せできるため、投資者の腕の見せ所と言ったら「どれだけ優秀なファンドへ1000万円というまとまった資産を預けられるか」だけとなります。
とは言っても、日本ではまだ馴染みの薄いヘッジファンドに関する情報を探すのは困難ですし、また投資戦略の流出を防ぐ意味合いからヘッジファンド各社は情報公開を積極的に行っていません。

当サイトではヘッジファンドへの実際の投資経験から、ヘッジファンドを購入する際の注意点、質の高い商品の見極め方についての情報を公開しています。以下の記事に目を通すだけで、ヘッジファンドを使った資産運用の成功率が「グッと」上がり、また効率よく情報集めをすることが出来ます。

ヘッジファンド関連記事

知りたいこと おすすめ記事
おすすめの国内ヘッジファンドを知りたい >>ヘッジファンドランキング~国内トップ3社を徹底解説
ヘッジファンドとは何かを基本から学ぶ >>ヘッジファンドとは何か?会社の実態と投資リスクを大公開
退職金をヘッジファンドで運用したい >>退職金をヘッジファンドで運用?失敗しにくい投資方法とは
ヘッジファンド投資のリスクを知りたい >>ヘッジファンド投資とは?運用方法からリスクまで優しく解説

ヘッジファンドランキング

当サイトでは、マネーブリッジ編集部が厳選したおすすめのヘッジファンドをランキング形式で紹介しています。ヘッジファンドを使って1000万円の資産運用に取り組むことを考えているのでしたら、これから紹介する3つのジャンルのランキング表は目を通す価値があると思います。

ヘッジファンドランキング記事

知りたいこと おすすめ記事
おすすめの国内ヘッジファンドを知りたい >>ヘッジファンドランキング~国内トップ3社を徹底解説
国内外のヘッジファンドを知りたい >>【2019年版】日本と世界のファンドを一挙大公開

 

特に以下、編集部が実際の投資経験からおすすめファンドをまとめたランキングページについては、ファンド選びの際には大いに役立つことと思います。

 

国内ヘッジファンドランキングBEST3

国内ヘッジファンドランキングBEST3

大切な資産を投資のプロに運用してもらえる、ファンド。ここでは、日本語で投資できる「マネーブリッジ厳選国内ヘッジファンド」をランキング化して紹介。

実際の投資経験から、利回り、リスク度合い、投資の難易度を比較して本当におすすめできる優秀な国内ファンドのみを集めました。これから、ファンドでの運用をお考えの方は必見です。

 

 

プロにお任せで失敗のリスクを抑えながら運用が出来るヘッジファンドですが、ネックになるのが1000万円~と高額な最低投資額。そんな高額資産は運用出来ないという方は、投資信託を利用するという手もあります。

投資信託の基礎知識

投資信託は、ヘッジファンドと同様に金融商品を購入するだけで、その後の運用はプロにお任せできる金融商品です。また投資信託は少額から購入が可能な点で、資産運用初心者が最も買いやすいことで有名な投資商品です。当サイトでは銀行や、証券会社、郵便局でも買うことが出来る投資信託の基本知識を分かりやすく解説しています。

ここで、当サイトで紹介している投資信託周りの情報を一覧にしてみました。

投資信託関連記事

知りたいこと おすすめ記事
投資信託の概要・基本を知りたい >>投資信託とは?
投資信託での運用のリスクを知りたい >>投資信託のリスクとは?
投資信託とヘッジファンドの違いを理解したい >>投資信託とファンドの違い
分配金受取型投資信託について知りたい >>投資信託の分配金!仕組みを知り再投資か受取か賢く選択

もちろん、ここで一覧にした項目以外にも投資信託の買い方やおすすめの投資信託についても触れています。投資信託に関して興味のある方は、一読してみると為になると思います。

いかがでしょうか?大切な資産をどう運用してよいかわからないという方は、まず上記の記事を読み知識をつけることから始めると良いでしょう。資産運用において知識量は運用成績に直結します。まずは知り、成功確率を高めた上で賢く運用を始められると良いでしょう。

 

最後になりますが、当サイトに足を運ぶ人に最も人気があるコンテンツを紹介します。よろしければ、こちらもどうぞ参考にしてみてくださいね。

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう